光明メッセージ


JDRクラブ 主宰
天川 貴之 監修
            
光明メッセージ   .




















517. 「愛は努力である 相手を包み込みなさい」    
516. 「永遠の生命の糧としての真理の光明を掲げてゆけ」 
515. 「人生の光明の真理を発見し伝えてゆけ」
514. 「無限の智慧の海に心を開いてゆこう」
513. 「純粋経験を通して絶対無なる真理を思索せよ」
512. 「流転する生命の営みに実相の生命を礼拝せよ」
511. 「愛の法則は宗教宗派を超越するものである」
510. 「光明思想に波動を切り換え自由人として解脱しよう」
509. 「具体的目標を立て成功をこそ実現せよ」
508. 「自由自在なる哲学的精神態度をこそ大切にせよ」
507. 「イデアとしての理念は本来の理性に呼応する」
506. 「常に光一元の愛の大調和世界をあらわしつづけよう」
505. 「自らの足下に光明の華を咲かせながら王道の人生を成就してゆこう」
504. 「ささやかなゲーテサロンのようなものを各所に創ってゆこう」
503. 「実相のみ実在 現象なし 健康のみ実在 本来病なしの悟りについて」
502. 「ありのままの自己像を肯定し長所を最大限に伸ばしてゆこう」
501. 「光明感覚 幸福感覚を磨いてゆけば光明生活 幸福生活が現れる」
500. 「日時計主義によって光明の幸福生活を実現してゆこう」
499. 「常に『実相』の姿のみを観じ『ありがとうございます』と礼拝してゆこう」
498. 「マイナスの六大煩悩を反省しプラス一元の神の想念と共にあれ」
497. 「『プラス一元』の想念を供給しつづけて『大いなる夢』を実現してゆこう」
496. 「健康と繁栄を柱にした文化的自己実現をなしてゆこう」
495. 「『光一元』世界を想念し 断言しつづけよ さすれば『光一元』世界が顕現してゆく」
494. 「一日一日において幸福感のある自助努力をなしつづけてゆこう」
493. 「健康と繁栄の理念の光を掲げつづけてゆこう」
492. 「健康と繁栄の集合想念を結集し大宇宙大自然の理法を実現成就しつづけてゆこう」
491. 「実相的真理に基づく八正道を観じ実践してゆけば『健康一元』『繁栄一元』である」
490. 「哲学的文学ルネサンスの時代の旗手となれ」
489. 「心の内に花を咲かせよ さすれば 外なる世界に花が咲いてゆく」
488. 「理念界 イデア界 実相世界を神想観によって観じ 地上界に顕現してゆこう」
487. 「本来生一元の永遠の生命を悟り 生老病死を超越してゆこう」
486. 「神は健康なりと本来の理念 本来のイデア 本来の実相を観じつづけてゆこう」
485. 「健康の理念に念いを定め健康の波動を蓄積し実現してゆこう」
484. 「心の太陽をもってあらゆる現象の闇を射照してゆこう」
483. 「逆境の向こうに一大光明順境の世界を創造してゆこう」
482. 「『光』を掲げてゆくことによって罪を消し功績を積み上げてゆこう」
481. 「人生観 世界観の中に光明を掲げつつ生きてゆこう」
480. 「天上的な美しい感情想念を育んでゆこう」
479. 「短所を補い長所を伸ばしつつ大いなる夢を実現してゆこう」
478. 「天来の光明の詩を朗誦しつづけてゆこう」
477. 「理念(イデア)恋愛文学ルネサンスをなしてゆこう」
476. 「素直な心の有段者となろう」
475. 「哲学的光明をもって芸術家たれ」
474. 「光明思想をもって地上に幸福と悦びを顕現してゆこう」
473. 「自己の本性を探究し理念的天命を顕現させてゆこう」
472. 「一つ一つの出来事に悦びの道をつけ大楽天観を育んでゆこう」
471. 「潜在している過去の『光』を拝み出してゆこう」
470. 「光の磁場をつくり幸福感覚を磨いてゆこう」
469. 「自らの道に精進し確実に成果を積み上げてゆこう」
468. 「己を虚しくし天命観をもって道に精進してゆこう」
467. 「自らの良心理性の声に則り主体的に生きてゆこう」
466. 「瞋恚の執われを去り平静心を育んでゆこう」
465. 「一過性の現象に執われず『大調和』なる世界をこそ念い描いてゆこう」
464. 「哲学的真理の光明を日々掲げつづけてゆこう」
463. 「『本来善一元』の個性的理念を肯定し学びつづけてゆこう」
462. 「疑いの執われを去り唯一無二の自己を信頼してゆこう」
461. 「傲りの執われを去り常に学びつづけ 内省しつづけてゆこう」
460. 「GDRアカデメイアを通して精神的グローバルドリームを実現成就させてゆこう」
459. 「謙虚さと寛容さと正直さを旨として限りなく無我に生きよう」
458. 「名誉に対する執われを去り己が道に精進しつづけてゆこう」
457. 「衣食住に対する執われを去り心の王国を築こう」
456. 「地上の生において共有された経験智を活かしてゆこう」
455. 「地上の生に対して意義と天命を見い出し道を修めてゆこう」
454. 「『預言』の中に理念的なる価値を発見してゆこう」
453. 「真心の込められた芸術作品を創造してゆこう」
452. 「同じ人間の生を生きる者として偉人の人生から学びつづけてゆこう」
451. 「どのような環境や人々の内においても光明楽土を創造しつづけてゆこう」
450. 「足ることを知り感謝の内に魂を磨きつづけてゆこう」
449. 「全ての経験を人生哲学の糧として活かしてゆこう」
448. 「『道』に精進しつづけてゆくこと自体が悦びである」
447. 「出来ることに『道』を開拓しつづけてゆこう」
446. 「文化創造の国への道は無限無数である」
445. 「文化を守り文化を育ててゆく英雄をこそ尊重してゆこう」
444. 「宮本武蔵の国に天の栄光を育んでゆこう」
443. 「『もののあはれ』の理念をルネサンスし『感性的実存』としての生を育んでゆこう」
442. 「心の『平和』を創造し『勇気』の徳を磨いてゆこう」
441. 「ブレーキの思想としての『秩序礼節』の真義について」
440. 「『道』に精進しつづけてゆけば『道』に報われてゆく」
439. 「天使的実存としての心の軌跡について」
438. 「天分とはストイックな偉人的精神態度の内において開花してゆく」
437. 「『かくあるもの』を無執着の境地で受けとめ『かくあるべき』理念を思索しつづけてゆこう」
436. 「常に原点回帰し 新生し 王道人生を持続してゆこう」
435. 「志を同じくする方々によって家族的連帯を築いてゆこう」
434. 「理念的実在を学びつづけてゆくことこそ魂の本性である」
433. 「既に与えられているものの中に神の恵みは実在する」
432. 「『かくあるべき』理念と『かくある』現実についての反省の徳について」
431. 「唯神実相哲学こそ理念の革命そのものである」
430. 「プラトン的形而上学への回帰の時代」
429. 「ミロク菩薩の思索の微笑をもって人生の全てのものを彩ってゆこう」
428. 「己が天命の『道』の内に神の国を顕わしてゆこう」
427. 「四諦八正道に基づいて真理を正しく観じてゆこう」
426. 「希望に満ち満ちた未来をこそ念い描こう」
425. 「大人になればなる程に見失ってしまうものをこそ発見してゆけ」
424. 「朗らかな祭り事の精神を大切にして すべてを包み込んでゆこう」 
423. 「嫉妬心と自己保身の強い人間の『業』を 根源的な所から立命してゆこう」 
422. 「奥の深い正義と愛と叡智と光明を探究しつづけてゆこう」
421. 「真なる故郷をこそ聖地として育んでゆこう」
420. 「人間が人間自身を探究しつづけてゆけば そこに天に到る道が実在する」
419. 「すべてのことを魂の糧にしながら真に昇華してゆこう」
418. 「愛故の明るさをもって全てを善転させてゆこう」
417. 「大調和の世界の内に光明の創造 光明の仕事を育んでゆこう」
416. 「真に自己を虚しくしてゆけば真なる自己実現が全うされてゆく」
415. 「哲学的思索によって理性的実存としての人格の尊厳を全うせよ」
414. 「すべての人々に内在されている永遠普遍の道徳律を信頼し愛してゆけ」
413. 「根源的な所から天の摂理を信頼せよ」 
412. 「真に生き筋に入れ」
411. 「真に主体的な知的創造力を磨いてゆけ」 
410. 「自らに割り与えられた天分と環境を掘り下げてゆけ」
409. 「ロゴス(理念)の悦びこそが人生の最高の悦びである」
408. 「ありのままの自然体のその方を愛し慈しんでゆこうではないか」 
407. 「哲学的情熱をもって根本から成功勝利幸福を実現してゆけ」
406. 「無執着の内に天に全託してゆけ」 
405. 「明確なビジョンから無限のエネルギーが湧き出してくる」 
404. 「切なる希望の自己像は必ず実現してゆくものである」 
403. 「過去をありのままに肯定し その内にある光明を拝み出し練成してゆけ」
402. 「光明の心の習慣を培って 悲しみや苦しみや悩みを乗り超えてゆけ」
401. 「焦りや無理をなくし 泰然として中道中庸の道を歩みつづけよ」
400. 「悲しみを通して人々の悲しみを知り 光明の愛をもって救ってゆこうではないか」 
399. 「九次元世界の本質と『宇宙』について」 
398. 「八次元世界の本質と『法』について」 
397. 「七次元世界の本質と『許す愛』について」 
396. 「六次元世界の本質と『真理の修行』について」 
395. 「五次元世界の本質と『善』について」 
394. 「四次元世界の本質と『時間』について」
393. 「三次元世界の本質と『場』について」
392. 「正定によって内奥なる神仏の光明 理念(実相)の光明が顕れてゆく」
391. 「唯一無二なる自然法に則った自然体で生きてゆけ」
390. 「心を寛くもち あらゆる存在価値を礼拝してゆけ」 
389. 「自分らしさの原点に立ち返って大いなる夢を実現しつづけよ」
388. 「真なる悦び一元の信条をもって一大光明芸術を創造してゆけ」
387. 「小さなことに執われず大局観に立脚しつづけよ」
386. 「人生は一大光明芸術の連続である」
385. 「正念を把持しつづけてゆくことによって積極的に人生を創造してゆけ」
384. 「正しく道に精進し努力の過程を悦んでゆけ」
383. 「真理に則った生活をなしてゆくことが正命である」
382. 「知行合一の精神をもって正し行いを正業としてなしてゆけ」
381. 「真理に立脚して正語を反省してゆけば言霊が幸えてゆく」 
380. 「思いこそがその方自身であるから正思をなしつづけてゆけ」
379. 「神の御心に立脚して正見してゆけば正しく観じられる」
378. 「無常なる世の中においては永遠なるものこそ価値の源である」<
377. 「反省を通した唯神実相哲学の修行論について」〜理念の諦観の意義〜
376. 「天に生かされている一大光明芸術史としての人生に自信をもて」
375. 「清浄円満なる無我の心こそが実在である」
374. 「寛容さと謙虚さに裏うちされた慈愛の大器こそが 大調和世界を育んでゆく」 
373. 「真理の真髄を深く悟得することによって大調和世界を示現してゆけ」
372. 「真なる世界的啓示宗教の価値を礼拝してゆけ」
371. 「不動心を磨きながら天命を実現してゆけ」 
370. 「一日一日に究極の価値を実現してゆけ」
369. 「信念を培う内にこそ天の栄光が顕れる」
368. 「神(天の摂理)と共に歩みつづけてゆけば一大光明芸術が創造されてゆく」 
367. 「自我我欲の執われを払い去って真なる自己の理念(イデア)を諦観してゆけ」 
366. 「本来相としての『善』を積極的に観じつづけてゆけば個性的理念(イデア)の華が開花してゆく」 
365. 「『善のイデア』としての精神的太陽を諦観しつづけてゆけば大調和世界が顕われてゆく」 
364. 「人生においては不可能なことよりも可能なことの方が多いのが真理である」 
363. 「『祈り』を通して大いなる無限者と一体となって天の栄光を無限無数に実現してゆけ」 
362. 「『悦び一元』の信条をもって 精神的ジャパニーズドリーム 精神的グローバルドリーム 精神的ユニバーサルドリームを育んでゆけ」 
361. 「『宗教的聖地』や『宗教的境地』や『宗教的発想』を尊重してゆく中に文化貢献の大道が実在する」 
360. 「『時代精神』の真義を悟得し 正当な手段を通して大義を実現成就してゆけ」 
359. 「『善く生きる』ための『学問』を通して 真なる叡智的光明を掲げてゆけ」 
358. 「『平安心』をもって無限供給の『理念(イデア)界』と心を同通させてゆけ」 
357. 「『仮の人生』に光を掲げてゆくことこそ真なる文化的営みである」 
356. 「『業の法則』に基づいて光を掲げつづけ本来の『光明一元』の世界を示現してゆけ」 
355. 「他国(他者)を『手段』として考えず『目的』として考えてゆくことこそ 真なる国益増進 地球益増進の大道である」 
354. 「『理念的歴史哲学』の根本は『天の摂理』と人格の『理念的自由』にこそ実在している」
353. 「積極的精神態度をもって『光明想念』を結集してゆけば真なる愛が顕現してゆく」
352. 「叡智の体系を生命の光明として光の大道を歩みつづけてゆけ」
351. 「『光明結界』を創造してゆくことによってあらゆる『災い』から自由になり 本来の『福徳』を顕わしてゆけ」
350. 「『独立自尊』『明朗親和』(友愛連帯)の精神態度をもって積極的に繁栄と平和を実現してゆけ」 
349. 「公正な正義の真義を哲学し 天の栄光を無限無数に地上に顕わしてゆけ」
348. 「理念そのものが現実であり 現実そのものが理念によって創造されてゆく」
347. 「無償の愛こそが徳の輝きの源であり 真なる国益、地球益の源である」
346. 「あらゆる経験的事象そのものの中に『理念価値』を発見し創造してゆけ」
344. 「大宇宙大自然の理法に積極的に則ってゆけば『理念の革命』が実現成就してゆく」
344. 「大自然に実在している神(オーバーソウル)と一体となったフィロソファーたれ」
343. 「大宇宙大自然の理法に則って 銀河の夢を実現成就してゆけ」
342. 「武道やスポーツの中に『理念(イデア)的真理』を探究し体現成就してゆけ」
341. 「理念(実相)の諦観を心の習慣にして反省に光明を掲げよ」
340. 「大宇宙大自然の精神(オーバーソウル)によく学びよく遊べ」 
339. 「自治創造の哲理と人間的自由の本質について」 
338. 「『乱に居て治を忘れず』の精神をもって心身共なる『リラックス』状態を創造してゆけ」
337. 「『光明的ロマンティシズム』の銀河鉄道を広大無辺に創造してゆけ」
336. 「『叡智的光明』のミネルバウォーターを無限供給してゆけ」
335. 「『根本理念』を『持続』しつづけてゆくことによって『光明信念』を実現してゆけ」
334. 「大宇宙 大自然の理法への『自律』の精神を磨きつづけてゆく真なるフィロソファーたれ」
333. 「『叡智的実学精神 』をもって実生活 実社会 実人生に光明を掲げてゆけ」
332. 「『真理』こそ光明であり真に人間の運命と国家の運命と地球の運命を拓く鍵である」
331. 「真なる光の理念(ロゴス)を掲げて『黄金の時代』を顕現実成してゆけ」
330. 「大宇宙大自然の大道に則って積極的に『自律』しつづける光明の哲人として大成せよ」
329. 「変転きわまりない現象としての『存在と時間』の中に永遠普遍の『理念の革命』を成就してゆけ」
328. 「無執着なる理性と感情と志をもって『理念の革命』を成就してゆけ」
327. 「大いなる夢大いなる志の中に『理念』の光明の炎を掲げながら歩んでゆけ」
326. 「人格の尊厳を真に自覚し自助努力を積み重ねてゆけば一大光明芸術が天地人から与えられてゆく」 
325. 「哲学的ルネサンスを奨励してゆく所から真に豊かな自由社会が育まれてゆく」 
324. 「『理念精神分析学』の創出こそが真に『魂』を救い『国益』と『地球益』を増進してゆく」 
323. 「真なる国益と地球益を全うしてゆくためにこそ『大義名分』をもって『権利のための闘争』を成してゆけ」 
322. 「心を常に『平安』に保つことによって『大いなる夢』を実現してゆけ」
321. 「真なる『平和』を創造する哲学的ルーキーの時代」
320. 「理念健康学の諸法則を解明し実践し実人生において勝利し成功し繁栄してゆけ」
319. 「『信用立国日本』を根本的に支える柱こそ『礼』の精神であり『生きる姿勢』そのものである」
318. 「福澤諭吉の個性的実相を拝み出してゆけば日本国の実相が『大いなる夢』として顕れてゆく」
317. 「新生日本ルネサンス 新生地球ルネサンスを支える『理念教育』の大道について」
316. 「新時代のストア哲学を新生日本ルネサンス 新生地球ルネサンスの大輪としてゆけ」
315. 「天照大神の天意を尊重してゆくことは永遠不滅の不文律である」
314. 「『誠』の精神をもって王道を歩みつづけてゆけば 真に勝利し 成功し 発展繁栄してゆく」
313. 「太陽の如き指導者こそが 日本国の運命を真に開拓し地球の運命を真に開拓してゆく」
312. 「教育者的政治家としての哲人に胸を借り国家百年千年の大計を育んでゆけ」
311. 「高度な政治判断は慎重に『大器』本位で選んでゆかなければならない」
310. 「古典的視座をもって 人生を一大光明叙事詩と成してゆけ」
309. 「古典的真理を通して流行を観じ流行を通して古典的真理を観ぜよ」
308. 「真なる自由と伝統精神を敬いながら倫理道徳を大切にしてゆくことは本来一つである」
307. 「『和』の光明の時空からのみあらゆる善きことが幸え創造されてゆくのである」
306. 「闇とみえしものの中に光明が実在し光明を『観』じ創造してゆけば 全き天の栄光が顕れてゆく」
305. 「真剣さと朗らかさを合わせもつことによって一大光明芸術のキャラクターを創造してゆけ」
304. 「『真贋の門』を真に透過し 芸術繁栄大革命を成就してゆけ」
303. 「『自然』を鍵として『心技体』共に『木鶏』たれ」
302. 「スポーツや武道を通して真なる平和を築くための勝利と成功の法則を探究してゆけ」
301. 「感謝の心をもって古今東西の衆知を真に活かしてゆけば天から幸運が与えられる」
300. 「あらゆるものから真に学びつづけてゆけば必ず人生に報われるのが天の摂理である」
299. 「諸徳をバランスよく磨き あらゆるものの実在価値を発見し創造してゆけ」
298. 「哲人的光明批評家が数多く出現してゆくことがドリーム潮流の礎となってゆく」
297. 「光明と愛に満ちた精神風土の中から無限無数のリーダーが育まれてゆく」
296. 「常に積極的であり 同時に内省的であれば真なる常勝の道が切り拓かれてゆく」
295. 「あらゆる方に心『素直』に耳を傾けて尊重してゆけばすべてが善転してゆく」
294. 「光明想念を積み重ねてゆくことによって 真に人生に勝利し成功してゆけ」
293. 「大いなる無限者と一体となって事実の奥に実相世界を顕現してゆけ」
292. 「『統合と個性の開花』『秩序と自由』の精神理念をもって無限の繁栄と健康を地上に顕現してゆけ」
291. 「常に恵まれている所に感謝し自発的に愛の精神 自助努力の精神をもってゆけば天の栄光が顕現してゆく」
290. 「理念バリアフリーの視座をもって『自他一体』の物心共なる繁栄の大道を成就してゆけ」
289. 「真なる『独立自尊』の精神をもって和し 無限に発展繁栄してゆけ」
288. 「理念IT革命によって物心共なる繁栄の大道を拓いてゆけ」
287. 「理念経済活動を通して無限無数の一大光明芸術を創造してゆけ」
286. 「私塾繁栄大革命の時代」
285. 「創造力を磨いてゆくことによって文化的生命を生み育んでゆけ」
284. 「『楽しさ一元』『悦び一元』『明るさ一元』を旨として真なる最強集団を創造せよ」
283. 「健康繁栄大革命を天の栄光として地上に顕現してゆけ」
282. 「理念キャラクタービジネス繁栄大革命の時代」
281. 「『経営理念』『経営哲学』を真に引き継ぎ真にルネサンスしつづけてゆけば 無窮に繁栄してゆく」
280. 「本物を真に追求してゆくことによって新生日本ルネサンスのビジネスチャンスを成就してゆけ」
279. 「天から与えられたすべての配材にストイックに道をつけ清豊の思想をもって価値を顕現せよ」
278. 「理念錬金術によって すべてのものを一大光明芸術に昇華してゆけ」
277. 「国際的日本人としての友情について」
276. 「『剣禅一如』の繁栄と健康の大道について」
275. 「過去の光明的実相を礼拝してゆくことは『自他一体』の繁栄の大道である」
274. 「善い所は善いと積極的に肯定し 讃嘆してゆけば『自他一体』に栄えてゆく」
273. 「学問を通して真に幸福な人生を創造してゆけ」
272. 「光明祈念歌によって真なる自己実現を成し無限無数の天の栄光を顕わしてゆけ」
271. 「真なる『天命』を知り自覚することが 新生日本ルネサンス新生日本建設の最重要課題である」
270. 「光の時代精神を中軸にして無限の繁栄を地上に実現してゆけ」
269. 「逆境とみえし環境にこそ真なるチャンスの種子が実在する」
268. 「経済学大国日本 経済政策大国日本を真に創造してゆけ」
267. 「崇高なる哲学と志をもって諸政策を根本から論じ解決してゆけ」
266. 「積極的精神態度をもって足るを知り価値礼拝繁栄大革命を成就してゆけ」
265. 「真なる繁栄の原点にある『素直な心』とリーダーシップについて」
264. 「真なる『自己信頼』から真なる『愛国心』が生まれ真なる『愛国心』から真なる『国際性』が生まれてゆく」
263. 「医は仁術の精神をもって国を医し 人を医し 自らを医せ」
262. 「真なる日本人として 新生日本建設に対して新生地球建設に対して積極的で肯定的な想念を結集してゆけ」
261. 「心をゆったりと構え 着実に足元を固めよ さすれば時代の大局が観えてゆく」
260. 「『天与の個性』を尊重し 長所を徹底的に伸ばしてゆけば一大光明芸術が生まれてゆく」
259. 「真なる『剛さ』を培えば真なる繁栄と健康と平和が顕現してゆく」
258. 「自由意志によって人生に勝利し運命の開拓を成し天の御心を顕わしてゆけ」
257. 「理念マルチメディア繁栄大革命の時代」
256. 「真なる理念民主主義 理念自由主義を実現する志士として新生せよ」
255. 「全き真理の実相において根源的に和解し一大光明芸術を創造してゆけ」
254. 「『天の御心』に生かされているという自覚から新生日本人が生まれ 新生日本 新生地球が育まれてゆく」
253. 「インターネット繁栄大革命を断行し無限無数のイノベーションを積み重ねてゆけ」
252. 「理念自由主義と理念民主主義の時代のリーダー像と『国のかたち』について」
251. 「真なる人間観から真なる国家観が生まれ真なる自己信頼から真なる精神的独立が生まれる」
250. 「『理念産業革命』を通して無限の豊かさの奇蹟を実現してゆけ」
249. 「心に常に『太陽』を持てさすればすべてが善転してゆくのである」
248. 「圧倒的善念と光明信念と自助努力の精神態度こそが運命開拓の鍵である
247. 「『大和の哲学』と健康一元の世界を顕現する『理念医学』の時代」
246. 「『人財』繁栄大革命の心得について」
245. 「『精神的ジャパニーズドリーム』と『夢を実現する条件』を信条にして雄飛せよ」
244. 「新生日本ルネサンスの時代こそ全人類への全宇宙への遺産を創造する時期である」
243. 「『人の立場に身を置く』ことを通して君子的リーダーシップを発揮してゆけ」
242. 「深遠なる『経営理念』のもとに不動の同志的信頼関係を築いてゆけ」
241. 「『大和』の理念こそが時代精神そのものであり希望である」
240. 「『理念価値説』繁栄大革命の時代」
239. 「ベンチャースピリットこそが運命開拓の鍵である」
238. 「大いなる夢を実現する精神態度をもって自己を愛し 国家を愛し 地球を愛せよ」
237. 「理念の体系(真理の体系)としての理念歴史観とは何か」
236. 「新ミレニアムの時代の理念自由史観について」
235. 「理念音楽を通して理念経営を成し一大光明芸術を創造してゆけ」
234. 「精神の太陽を掲げることこそ人間の天命である」
233. 「真なる自由を尊重してゆくことが真なる秩序を形成してゆく」
232. 「真に自由な社会にこそ真に神の栄光が幸えてゆくのである」
231. 「正義を『空』の境地を以って全うし太陽の御姿を礼拝せよ」
230. 「幸運の女神は自助努力を続ける幸運の女神に必ず微笑んで下さるものである」
229. 「繁栄の哲学をもって新生日本ルネサンス新生地球ルネサンスの大輪を育ててゆけ」
228. 「無窮繁栄の大道を拓く真理とは何か」
227. 「すべての方が政治を成しあらゆるリーダーが本来政治家なのである」
226. 「神話の起源を真に尊重しながら哲人として生きてゆけ」
225. 「熱情ある教育信念こそが真に国運を切り拓いてゆく」
224. 「真なる倫理道徳と法の精神こそが経済発展繁栄の源である」
223. 「正統な歴史認識をしてゆくことが自他一体の繁栄と平和と幸福を創造してゆく」
222. 「自国を真に愛し 伝統文化を尊重してゆくことが真なる教育の根幹である」
221. 「本における『理念価値説』繁栄大革命の時代」
220. 「新しい出発の時には新しい経営理念が肝要である」
219. 「真なる光明的寛容さこそが人間を真に育て導いてゆくのである」
218. 「唯心論的経済思想 実相(理念)論的経済思想によって無限の富を供給してゆけ」
217. 「柔軟性をもった剛さこそが真なるリーダーの条件である」
216. 「『インターネット革命』に即応した『理念経営』とは何か」
215. 「理念法思想によって『理念経営』してゆくことが哲人尊重型民主主義の基である」
214. 「『理念価値説』経済思想によって無限の富を地上に顕現してゆけ」
213. 「過去現在未来を貫く自己の神性仏性の内に『七宝の塔』を示現せよ」
212. 「神仏に対して何かを望むよりも神仏のために何が出来るのかを自ら問え」
211. 「時代の迷妄『鵺(ぬえ)』を聖矢をもって射抜け」
210. 「『大和』なる希望の革命と大調和の新時代によせて」
209. 「新時代の『麒麟』を発見し創造してゆけ」
208. 「逆境を転じて一大光明芸術を創造してゆけ」
207. 「愉快に『遊』の心をもって生き抜いてゆけ」
206. 「武士道の中にある理念の美と文化価値体系について」
205. 「真なる愛の心の法則を悟り実践し一大光明芸術を顕現してゆけ」
204. 「ユーモア繁栄大革命と理念バレンタインデーによせて」
203. 「真に哲学的に生きてゆくことこそ人間に与えられた最高の愛である」
202. 「市場経済原理を全うするためにこそ正統ケインズ政策を断行せよ」
201. 「理念情報化社会のリーダーの条件について」
200. 「善の循環を創造してゆく程に運命が開拓されてゆく」
199. 「積極思考の不動心こそが真に黄金時代を築いてゆくのである」
198. 「大いなる夢を描け さすれば大いなる夢が顕れてゆく」
197. 「日々是『神の国』記念日と成してゆけ」
196. 「『利自即利他』『官民一如』の経済学的真理について」
195. 「『今』現在に選択するべき経済政策と『適正金利』について」
194. 「シェークスピア悲劇の光明荘厳的展開について」
193. 「『理念三権分立』と『理念地方自治』の基底に実在する天の摂理について」
192. 「理念マスコミ繁栄大革命の時代」
191. 「理念芸術創造を通して光明荘厳たる運命を開拓せよ」
190. 「生命科学を裏打ちする生命倫理学興隆の時代」
189. 「美しき精神によって一大光明芸術が創造されてゆく」
188. 「真剣さの奥に『道』が生まれ 一大光明芸術が観じられてゆく」
187. 「純粋経験を通して『真空』なる一手を投ぜよ」
186. 「『資本』を全き徳と理念によって活かしてゆく考え方について」
185. 「価値(理念)礼拝 繁栄大革命の時代」
184. 「学徳を修めることによって自己を確立せよ」
183. 「国難を救う経済政策として『今』考えるべき視点について」
182. 「『理念経済学』の時代が到来したのである」
181. 「『経済学的真理』を真に悟り 国家と地球を救ってゆけ」
180. 「法則(理念)を応用することによって理念国家 理念地球を創造してゆけ」
179. 「理念の革命とは新時代のドリームリアライゼイション潮流である」
178. 「アカデメイアの原点にある神聖精神について」
177. 「一大光明芸術とは主体的に創造してゆくものである」
176. 「女性的なるものの実相は福徳の源である」
175. 「『統合』精神と『総合』『統一』哲理の実相について」
174. 「『実相』の真理があらゆるものを善転させてゆくのである」
173. 「『法』の本義と力学的原理について」
172. 「よく守ることによって天の御心を全うしてゆけ」
171. 「真なる『私』を活かす道は真なる『公』を活かす道である」
170. 「理念兵法の真髄と大和武士道精神について」
169. 「『節分』の精神的実相と繁栄と健康と平和の大道について」
168. 「天道に則れば健康と繁栄が幸えてゆく」
167. 「『無我中道』の奥に『真我実相』なる夢の実現する国が実在する」
166. 「正義即秩序 秩序即正義の革命精神について」
165. 「太陽の御心のもとに 太陽の国日本 太陽の国地球を建設してゆけ」
164. 「全人類を真に繁栄させてゆく理念科学を探究せよ」
163. 「真なる先進宗教精神の潮流について」
162. 「『空』の境地にて新時代の太陽を観ぜよ」
161. 「ストイシズムの道と光明荘厳の道は『空』において一致する」
160. 「フロイト心理学の実相と理念性愛学について」
159. 「地上の人間を通して顕れる理念芸術の真義について」
158. 「『柔』の哲学こそ国難突破の鍵である」
157. 「理念科学繁栄大革命の時代」
156. 「教育の根幹は徳育にあり」
155. 「高等理念教育と新時代の理念実業精神について」
154. 「布施即人生」
153. 「時代の転換期に要請される人財について」
152. 「縁結び繁栄大革命を乗数効果をもって成就せよ」
151. 「新時代の歴史哲学と世界精神の実相について」
150. 「大いなる『円相哲学』と『和』の精神の真髄について」
149. 「十七条の徳目を理念として繁栄大革命を成就せよ」
148. 「『大和の国』建設の根本哲理について」
147. 「本物の実力と人格を見抜き尊重する大器こそが偉人の条件である」
146. 「『理念学術大系』と大宇宙の根本原理について」
145. 「すべからく『傲り』を去れ さすれば生き筋が観えてゆく」
144. 「『随所に主となれ』さすれば真に運命は開拓されてゆくのである」
143. 「先哲の道の実相は繁栄の理法そのものにあり」
142. 「心安らかに生命の実相 神の国の実相を直視せよ」
141. 「巡り会う縁の奥に神仏あり」
140. 「理に裏付けられた『信』の世界を築いてゆけ」
139. 「芸術創造における光明の悟りの効果に着眼せよ」
138. 「素直に祝福する心が大繁栄革命の源である」
137. 「価値を与えよされば価値が与えられ大繁栄革命は成就してゆく」
136. 「叡智的直観と天才の本質について」
135. 「『自伝』につづれるような一大光明芸術を人生に創造してゆけ」
134. 「賢人哲人尊重型民主主義の時代」
133. 「神武天皇の原点に立ち返る所から新生日本ルネサンスは始まってゆくのである」
132. 「危機管理としての経済政策と積極的リーダーシップについて」
131. 「教訓繁栄大革命と太陽の国の理念政策について」
130. 「危機管理のリーダーシップと日本国運命開拓の鍵について」
129. 「大いなる理念を共有することによって己が天命を実現せよ」
128. 「新生日本建設を一大光明芸術として創造してゆけ」
127. 「あらゆる文化文明を尊重してゆくことによって真の日本人たれ 真の日本国たれ」
126. 「哲学的に人間を問い人生の中に哲学を活かせ」
125. 「聖なるものに対して畏み弔うことが国家繁栄の基本である」
124. 「『大和の国』の芸術芸能精神の中に魂を吹き込め」
123. 「大和の心の本源と新時代の精神理念について」
122. 「芸術芸能繁栄大革命によせて」
121. 「ベンチャー繁栄大革命と祝福繁栄大革命の時代」
120. 「譲る愛と教育繁栄大革命の時代」
119. 「天照大神の御心は一人一人の心の奥に秘められているのである」
118. 「理念の革命と北辰革命の真義について」
117. 「生と死と新生の公案を透過せよ」
116. 「『武士道とエロス』の実相と新生日本ルネサンスの型について」
115. 「司法の場において武士道精神を顕現せよ」
114. 「百年の大計の心得について」
113. 「『禅定』を通して菩薩行に精進してゆけ」
112. 「『戦争と平和』という公案を透過せよ」
111. 「『国のかたち』という公案を透過せよ」
110. 「自己の誤ちを認めることは大器の証である」
109. 「新時代の武士道精神の真髄は大調和にあり」
108. 「新時代の『武』の精神と世界平和実現の鍵について」
107. 「心素直にして時代精神の声なき声を聴け」
106. 「感謝繁栄大革命と懺悔繁栄大革命について」
105. 「『あるべきようは』の精神をもって個性の華を咲かせよ」
104. 「太陽の時代が始まったのである」
103. 「『笑い』繁栄大革命と新生日本ルネサンスの視点」
102. 「自然な感情を活かしてゆけば生命は幸えてゆく」
101. 「技術革新における道について」
100. 「和歌を通して理想郷を実現せよ」
99. 「フロンティアスピリットをもって新時代を切り拓いてゆけ」
98. 「行動力において詩人たれ」
97. 「哲学繁栄大革命の時代」
96. 「未だ磨かれざる宝石が無限無数に実在する」
95. 「個性化繁栄大革命の時代」
94. 「男性も女性もお互いに尊重し活かし合えば繁栄してゆく」
93. 「悦び一元の人生を楽しんでゆけ」
92. 「文化的英雄を通して歴史を達観せよ」
91. 「深い罪の自覚から神仏の子の自覚へと新生せよ」
90. 「愛を礼節によって真に活かせ」
89. 「自他共に活かす愛を実践せよ」
88. 「悔い改めよ さすれば救い導かれる」
87. 「指導者の器とは何か」
86. 「美しい文化大国日本を創造せよ」
85. 「天の御心を尊重する所から志士は生まれる」
84. 「白い太陽と旭日の太陽の精神について」
83. 「大繁栄革命を成就せよ」
82. 「スポーツの中に天の栄光を顕せ」
81. 「あらゆる環境に感謝し自己を真に活かせ」
80. 「芸術の中に生命の輝きを遺してゆけ」
79. 「足下を固めながら大いなる夢を実現せよ」
78. 「古典の中に若き魂を吹き込め」
77. 「年若くとも偉人たれ天才たれ
76. 「『かくあるべき姿』こそが『かくある姿』そのものである
75. 「真に剛くありすべてを大調和に導け
74. 「不易流行なる「永遠の今」を生きる」
73. 「地球文化文明至上の大輪が開いてゆく」
72. 「人を動かすコツを体得せよ」
71. 「幸運の女神は必ず微笑んで下さる」
70. 「太陽の塔がなすべきことを示してゆく」
69. 「社会正義を愛し社会秩序を全うせよ」
68. 「大調和の光明信念によって運命を開拓せよ」
67. 「光明的叡智をもって大調和を築け」
66. 「唯神実相哲学と法の精神について」
65. 「縦の愛と横の愛について」
64. 「天に代わって天使たれ」
63. 「大いなる豊かさの源に感謝の心がある」
62. 「真に勝利者たれ成功者たれ」
61. 「新生日本ルネサンスと科学的精神について」
60. 「大和の理念と大宇宙の真理について」
59. 「華厳の大調和世界を示現せよ」
58. 「圧倒的な善念に敵はない」
57. 「天の栄光を地上に顕せ」
56. 「光明の哲人たれ」
55. 「かくあるべき理想こそが若さの源である」
54. 「中道と光明的真理について」
53. 「絶対無の統合点、中心点を悟り発見せよ」
52. 「中道の視点とは何か」
51. 「天を愛し人を愛せよ」
50. 「自治創造と真なる自由について」
49. 「明朗親和の心を大切にせよ」
48. 「あらゆる偉人と偉業の実相をこそ観ぜよ」
47. 「大自然の懐に立ち返れ」
46. 「健康と大調和の秘訣について」
45. 「一期一会の神の国を顕わせ」
44. 「青年の心で美しき国を観ぜよ」
43. 「大いなる海の発想をもて」
42. 「大和の国の理念とは何か」
41. 「光明荘厳の大道について」
40. 「豊かな人間関係を築く道」
39. 「環境はすべて心の影である」
38. 「円相なる真珠の心を観ぜよ」
37. 「独立自尊の自由人たれ」
36. 「自己信頼と絶対的幸福感」
35. 「自己信頼から愛が生まれる」
34. 「懐の深い「場」を創ること」
33. 「常に太陽の如くあれ」
32. 「柔よく剛を制す教育観」
31. 「個性を活かす天才教育について」
30. 「明るさとやさしさの教育について」
29. 「発展的なやさしさを体現せよ」
28. 「戦いの精神と活人剣について」
27. 「縁結びの秘訣」
26. 「『結び』の精神で平成維新を」
25. 「王者の条件について」
24. 「強者の仁徳とは何か」
23. 「光明想念こそ健康の基である」
22. 「持ち越し苦労をなくせ」
21. 「人生は素晴らしいという信念をもて」
20. 「積極的精神の勝利」
19. 「健康を念いつづけよ」
18. 「必ず健康になるのである」
17. 「絶対無のリーダーシップ」
16. 「新保守自由主義の哲理について」
15. 「真なるオリジナリティーの確立と国家」
14. 「絶対無の国体と自由主義」
13. 「絶対無の国体、絶対無のリーダーシップ」
12. 「グローバル・ルネサンス運動の『型』」
11. 「「統合」と「自由」とルネサンス」
10. 「劣等感の克服」
9. 「自己顕示欲の克服」
8. 「光明の観方こそ光明世界を創る」
7. 「光ある人格をもって感化せよ」
6. 「超然として大道を歩め」
5. 「積極的に運命を開拓せよ」
4. 「内向性と外向性を止揚した人格」
3. 「まず自己確信からはじまる」
2. 「人生を明るくする精神態度」
1. 「環境の主人公たれ」

Top


  

All pages and images Copyright JDR,ltd