光明メッセージ
Japanese Dream Realization



「永遠の生命の糧としての真理の光明を掲げてゆけ」



 JDRの諸君よ、人生には様々なことがあるけれども、たとえどのような状況下に置かれようとも、常に自らの心の内に真理を抱き続けることの大切さを、日々日々確認しておきなさい。

 常に真理を心身にまとい続けなさい。今ここに、まさしく真理が呼吸しているのであると想いなさい。諸君らにとっては、真理こそが本当の日々の糧なのであると想いなさい。そのようにして、自らの法身を、日々培ってゆきなさい。さすれば、真理の光明は、諸君らの人生を隈なく照らしてゆくことであろう。

 何にも迷うことはないのである。人生のすべては、既に哲人達によって経験され、哲理として示し尽くされているからである。このように、哲学を日々の指針としている人は、人生に迷うことはない。ただ人生に対する深い洞察をその都度示現してゆくだけである。

 哲理は不変である。それは、時の流れに遺るものであり、永遠の生命の糧である。故に、日々、この永遠の生命の糧を得ながら善く生きてゆきなさい。それこそが真なる求道者の条件である。

 また、こうした哲理を育んでゆくこと、それが哲人の使命である。後から来る後輩達が、諸君らの思索の後につづいてゆくのである。故に諸君よ、数多くの人生の後輩達を導いてゆく星となってゆこうではないか。

 
真理は永遠不滅である。真理こそが実在であり、光明であるのである。それは、数多くの人々を照らしつづける光であり、灯なのである。



〔 光明祈念歌 〕
  光明は
       真実在なり
               真理なり
                  光の灯台
                       人々照らす
(貴)



このホームページのトップへ 公開理念情報リストへ