光明メッセージ
Japanese Dream Realization



「人生の光明の真理を発見し伝えてゆけ」



 JDRの諸君よ、人生において真理を幾つ発見出来たかということこそが、諸君らの人生の奥行き、味わい深さを決めてゆくのである。

 故に、人生の途上において、幾つもの真理を発見しつづけ、それを文章に遺してゆきなさい。真理の数だけ悦びがあるのである。創造があるのである。光明的愉悦があるのである。

 光を掲げるということは、真理を掲げるということである。それはまた、人生における真理を幾つも発見し、創造してゆくということである。真理の光明をもって、自己の人生を照らし、他者の人生を照らし、さらには国家の命運を照らし、世の中の実相を表現してゆくということである。

 故に、諸君らよ、迷うことなかれ。真理の光によって、あらゆる迷いを無くしてゆきなさい。諸君らの生きるべき方向を決してゆきなさい。光を掲げ、本来無き闇を無くしてゆきなさい。本来無き病を無くしてゆきなさい。

 光というものは、掲げられると、さらに伝播されてゆくものであるのである。このように、無明の人生を灯す法を伝えることこそ真理の本質であり、また、哲人、歌人の本質であるのである。

 真に人生に実現するべき理念、理想を顕現してゆくことこそ哲人の本領である。真に人生を有意義なものたらしめるものを発見し顕現せしめてゆくことこそ、哲学の意義であり、宗教、思想、芸術の意義なのである。


 諸君よ、迷わずに光を受け入れ、光を掲げつづけよ。さすれば、そこに無限の浄土が顕れん。



〔 光明祈念歌 〕
  光もて
       光明哲理
               荘厳す
                  無常なりとも
                       真理の求道
(貴)



このホームページのトップへ 公開理念情報リストへ