「義塾メッセージ」


「義塾メッセージ」
 .


 



  
 「義塾メッセージ」




















147. 「学問を通して道を拓いてゆこう」    3/9 New  
146. 「新生日本建設の父 立法者となろう」      
145. 「学問は広い天の大地である」      
144. 「自らの言論(思想)を磨き人々に影響を与えよ」      
143. 「有効需要を拡大するために政府貨幣を発行せよ」  
142. 「高等理念の探究は国際国家戦略の探究につながる」
141. 「一日一日を朗らかに道を楽しんでゆこう」
140. 「総合理念学部のレポート形式と本の作成について」
139. 「元樺太庁長官平岡定太郎は三島由紀夫の祖父である」
138. 「国際的日本文化を通して日本語を 本来のギリシャ語 ラテン語にしてゆこう」
137. 「ローマ風ライフスタイルをもって模範としよう」
136. 「『理念哲学講義録』が論創社から出版されるのはゴールデンウィーク明けである」
135. 「由利公正や高橋是清に学ぶことによって道が拓ける」
134. 「小泉純一郎首相の春風にこそ敬意をはらおう」
133. 「『有事』に処す際の国家のあり方を考えてゆくことも真なる『平和』への道である」
132. 「新時代の『海路』を切り拓いてゆく志士よ 哲人よ 芸術家よ出でよ」
131. 「繁栄と健康を通した平和と幸福と文化創造の『理念』の応用について」
130. 「弥勒菩薩弥勒仏の思索を自らの思索となしつづけて 永遠普遍の理法を実現してゆこう」
129. 「一大光明結界を築く光明マスコミによって国富を増進してゆこう」
128. 「平沼赳夫経済産業大臣を中心に正統ケインズ政策を断行し 新生日本ルネサンス 新生地球ルネサンスを創造してゆけ」
127. 「真なる自由人と愛(エロス)について」
126. 「『理念と志と魂』のある社交センスを磨きながら大調和世界を示現してゆこう」
125. 「ガルブレイス『自伝』の真髄を真に活かせるのは誰か」
124. 「小泉首相の『文化的発言』に塾生一同注目」
123. 「『罪と罰』の探究と同時に『教育と救済』の探究をなしつづけてゆけば『法』に道がついてゆく」
122. 「日本的経営の王道を尊重し本物の経営者を真に発掘してゆこう」
121. 「日本経済の活性化を通して世界経済の安定に貢献しつづけてゆこう」
120. 「金融不安を招くことなく金融繁栄の道を探究してゆこう」
119. 「光一元の光明思想をもって すべての方を愛しきってゆけ」
118. 「平和主義の原則と有事の哲学について」
117. 「真なる哲学思想の真髄を悟ることの大切さについて」
116. 「国際的外交と有事の教育と平和の哲学について」
115. 「国家百年の大計と理性的判断能力について」
114. 「科学の前提 医学の前提を問い直し 霊的世界を真に解明してゆけ」
113. 「感性世界を超越して理性的世界を開拓してゆけ」
112. 「積極的精神態度をもって足ることを知ることを実践してゆけ」
111. 「文化的付加価値を生む世界観を構築してゆけ」
110. 「無常という形式の内に一大光明芸術を創造してゆけ」
109. 「詩歌を通して感情を永遠化してゆけ」
108. 「哲学的光明によって神々の生を獲得せよ」
107. 「永遠なるものを探究してゆくことこそ学問の真骨頂である」
106. 「真なる時代精神の学問を通して真なる自己実現をしてゆけ」
105. 「迷いと観えし諸現象の奥に理念(イデア)価値を礼拝してゆけば真に光が掲げられてゆく」
104. 「愛と信頼と光明の大道を学びつづけ実践しつづけてゆくことこそ真なる学問の王道である」
103. 「人間の縁を大切にしてゆくことによって一大光明芸術を創造してゆけ」
102. 「情と理と良識と決断力と実行力を培ってゆけば人格の尊厳が育まれてゆく」 
「「義塾百話」〜平成の慶應〜あとがき」
101. 「十七条の徳目を円相の徳として修めてゆけば一つ一つの徳目が大調和の徳となってゆく」 
100. 「繁栄と健康を通した平和と幸福と文化創造の『真因』を探究し 応用し 実践しつづけてゆけ」
99. 「『天啓』(預言)の真髄を叡智的光明によって活かしてゆくことが 真なる文化文明の礎になってゆく」
98. 「天職発想 天命発想をもって人生の原点に使命感を発見してゆけ」
96. 「良識によって『一大光明結界』を創造し 叡智的光明の文化文明を幸えてゆけ」
94. 「『理念(イデア)の愛』を探究し実現しつづけてゆけばプラス一元の世界が実現してゆく」
93. 「大宇宙 大自然の理法に則った哲学的人間学こそが 天の栄光を無限供給してゆく」
91. 「理念(イデア)文化ルネサンスこそ国家百年の大計であり 地球千年の大計である」
90. 「『大宇宙大自然の理法に則った王道を積極性と勇気をもって開拓してゆけ」
89. 「『理性的実存』としての光明を掲げてゆけばあらゆるものが光明を放ってゆく」 
88. 「不動心 平常心 平静心をもって 積極的に『理念価値』を礼拝し顕現してゆけ」 
86. 「近代根本思想の中に本来の日本精神の根本理念が実在していることを真に見抜いてゆけ」 
85. 「『リーダーのリーダー』を敬うことを通して 真にリーダーシップを発揮し『活かす愛』を実践してゆけ」 
84. 「『理念(イデア)の美』を地上に無限無数に顕わしてゆくことこそ人間の天命である」
83. 「積極教育によって無限無数の天才を生み育ててゆくことこそ繁栄の王道である」
82. 「その方が日々考えておられる『思い』がその方自身の運命を創造してゆく」
81. 「理念(イデア)恋愛文学の中に真なる天才教育の大道がある」 
80. 「公正な評価から公正な正義が生まれ公正な正義から『繁栄大革命』が生まれてゆく」
79. 「魂と志と理念のある人格教育こそが政治 経済 法学活動に生命を与えてゆく」
78. 「一人一人の『基本的人権』を尊重してゆくことこそ大和の精神であり国家の生き筋である 」
77. 「魂と志と理念(イデア)のある笑いの経済学笑いの健康学を構築し実践してゆけ」
76. 「スポーツを通して繁栄と健康を通した平和と幸福と文化創造の大道を築いてゆけ」
75. 「『正直さ』を旨として天地人を貫く様々なものの中に『理念付加価値』を創造してゆけ」
74. 「『心の広場』『心の道場』『理念(イデア)の饗宴』を通して真なる同志的友愛を育んでゆけ」
73. 「真なる『理念』(イデア)の愛こそが一大光明芸術の主役である」
72. 「真なる『心の冒険者』こそが 真なる『フィロソファー』であり 世に光を掲げてゆくものである」
71. 「真なる『議論』とはエピステーメ(真知)への愛(エロス)から生まれ真なる文化文明を創造してゆく」
70. 「一人一人の心の内に『実在』している『理念価値』を伸ばし育んでゆけば 真なる『繁栄大革命』が成就してゆく」
69. 「真なる『エピステーメ』(「叡智」)に立脚して「ドグサ」(臆見)の偏りを直くしてゆけ」 
68. 「真なる『音楽』は真なる『思想』であり 真なる『思想』は真なる『行動』である」
67. 「『一神教と多神教と一即多』『超越神と内在神と内在的超越神』を 真に『統合』しうる一大光明哲学体系を構築してゆけ」
66. 「真に宇宙的(ユニバーサル)司法センスを有した『代表的日本人』を 無限無数に育成輩出してゆけ」
65. 「『新時代』にふさわしい『理念法学体系』を樹立して 新生日本建設 新生地球建設を実現成就してゆけ」 
64. 「真に国益を増進し 真に地球益を増進してゆく『純粋宗教』理念とは何か」 
63. 「自治創造 明朗親和の『哲学』をもって マルチメディア クリエイターの旗手たれ」 
62. 「『究極的実在論』としての『唯神論』の下にあらゆる『理念価値』を礼拝してゆけ」 
61. 「真なる『正義感』の教育を通して『理念法学』ルネサンス運動を成就してゆけ」 
60. 「真なる『文化的英雄』こそが真なる『文化的英雄』を見抜き新生ルネサンスの大道を創造してゆく」 
59. 「近現代史の『正統』な『観』じ方とは何か」 
58. 「老若を超越した永遠の『若さ』の希望の光を掲げつづけよ」
57. 「『豪』の人でありながら『情』の人でありなおかつ透徹した『理性』のあるリーダーを『人財のダム』として尊重してゆけ」
56. 「光明面を積極的に拝み出してゆくことは 徹底した『愛』に支えられた教育哲学である」
55. 「『大義』の原点に常に立脚して永遠普遍なる理念の王道を開拓してゆけ」
54. 「『存在と苦悩』の時間の海を超えた所に神の国(理念の国)が実在する」
53. 「青少年の『叡智的直観』の中にも『新時代』の『時代精神』が実在している」
52. 「真に『ミネルバのふくろう』となって『歴史的事実』を『諦観』しさらに積極的な『大いなる夢』を描いてゆけ」
51. 「人々の悲しみを『光明』の精神的『剛さ』をもって救ってゆく哲人たれ」
50. 「自己の精神的弱さを哲学によって克服し光明信念をもって「大いなる夢」を実現してゆけ」
49. 「どのような環境の中にも どのような人々の中にも『一片の詩』を発見し『一大光明芸術』を創造してゆけ」
48. 「『大いなる夢』を抱き『信頼』をもって『勇気一元』『剛さ一元』『結界一元』の平和社会を創造してゆけ」
47. 「『祝福の心』を積極的に身につけてゆけば薔薇色の人生が拓かれてゆく」
46. 「『謙虚さ』『素直さ』『感謝』に基づいた真なる『自己実現』を成してゆくことこそ真なる『希望の革命』である」
45. 「『性善説』と『性悪説』を肯定しながら『善一元』の『信なくば立たず』の大道を開拓してゆけ」
44. 「真なる哲学と志を実現してゆくために自己を統御し『剛さ』を磨いてゆけ」
43. 「『布施の心』『無償の愛』『奉仕の心』を実践しつづけてゆくことこそが物心共なる豊かさを創造してゆく」
42. 「真なる智恵の光明をもって自己の人生を照らしてゆけば『私』も『公』も真に救われてゆく」
41. 「常にオーバーソウル(神)をすべての中に観じ顕わしてゆけば 真なる『精神的ジャパニーズドリーム』が実現してゆく」
40. 「繁栄の王道とは富の福音を積極的に『布施』として『無償の愛』として社会に還元してゆく所にある」
39. 「『叡智的直観』によって把握された『真理』を尊びその内奥を悟得してゆくことこそ 真なる『学問』の悦びである」
38. 「真なる『自己信頼』と『究極的実在(天)に対する信仰心』と積極的博愛精神をもった『日本の学者』こそ『新時代』の旗手である」
37. 「エマソンの『自己信頼』、ルソーの『自主独立』、福沢諭吉の『独立自尊』の『哲学理念』こそ真なる国際外交の基軸である」
36. 「積極的に『プライバシーの権利』を尊重してゆくことによって『理念マスコミ』ルネサンスの光明の大輪を咲かせてゆけ」
35. 「和歌繁栄大革命の時代」 
34. 「真なる『独立自尊』の精神をもって国際的日本史を達観してゆけ」
33. 「大宇宙大自然の『叡智の体系』を真に知ることこそ真なる哲学者の天命である」
32. 「真なる『自由の理念』を探究してゆく所から真なる『理念の革命』が成就してゆく」
31. 「真なる『自律』の精神に基づいた『ヒューマニズム』こそが真なる自由主義 民主主義 資本主義を根本から変えてゆく」
30. 「『日本国民』として『国籍』をもつということが健全な『愛国心』を証するのであり『国益』と『地球益』につながってゆくのである」
29. 「個性的天才達を天使達の『天孫降臨』神話として尊重してゆけば国運は拓かれてゆく」
28. 「真理を尊重し徳をもって活かしてゆくことこそ学問の本質であり国家繁栄の基である」
27. 「多様なる教科書と健全な哲学的批判精神と究極的価値への信頼こそが真に実りある教育を育んでゆく」
26. 「正統ケインズ経済学の成立する前提条件と基本原理と政策は極めてシンプルイズベストである」
25. 「経済学者にプラトニックラブレボルーションは既に起こっている」
24. 「常にダム経営の精神をもって『時流』を見抜き根本『理念』に則って適正対応してゆけ」
23. 「日本国の『理念』を深く観じてゆけば『個性的実相』と大調和の哲理が発見されてゆく」
22. 「『理念の革命』とは『自他一体』に活かす勝利と繁栄と成功の大道を発見し歩みつづけてゆくことである」
21. 「光明を掲げ正気を放光してゆけば人類の春が観じられる」
20. 「日本の哲学の根源に地球の哲学の根源があり宇宙の哲学の始原が実在する」
19. 「大宇宙大自然の理法としての『理念』を『自己責任』をもって具体化応用実践してゆくことが『事業遂行者』の天命であり醍醐味である」
18. 「真なる正義感から真なるリーダーは生まれ真なる博愛の精神から大いなる夢が育まれてゆく」
17. 「諸学の学としての哲学を根本から悟得し応用実践してゆけば経済危機は克服され理念経済学が生まれてゆく」
16. 「新生日本建設は自国の歴史に対する『自己信頼』と根源的なる『歴史哲学』から始まってゆく」
15. 「常に流行に流されることなく 不易なる『真実在』(理念)の立場から物事の道理を見極めてゆけ」
14. 「国民の国民による国民のための哲学によって運命の開拓を成就してゆけ」
13. 「真なる『戦略的思考』をもった哲人として『国家百年の大計』を見定め 根源的諸改革を実行してゆけ」
12. 「真に数百年数千年 人類史に遺る根本的真理を見極わめた上で『光明信念』をもったリーダーへと成ってゆけ」
11. 「地上世界に『天使』が満ち満ちてゆけば真なる神の国が顕われてゆく」
10. 「理念(イデア)人類ムーブメントの時代」
9. 「生涯哲人として根源的に人生を『問い』智慧と愛と光明を表現してゆけ」
8. 「あらゆる方の中に永遠普遍の道徳律があり個性的天才が実在する」
7. 「『歌』曲ルネサンスを通して心の絆を育み文化を継承してゆけ」
6. 「究極的実在としての天の摂理を探究してゆく所に『新時代』がある」
5. 「精神的ジャパニーズ・ドリーム実現の鍵は『善く生きる』教育の王道にこそある」
4. 「国家あってこその国民であり 有効需要あってこその日本経済 世界経済である」
3. 「国際的武士道精神をもって諸政策を断行してゆけ」  
2. 「『自主性』をもった自助努力の精神と協調性こそが天運を拓いてゆく」
1. 「自己の『天命』を自覚してゆくことこそ教育の根幹である」
「「義塾百話」〜平成の慶應〜まえがき」 
JDR義塾について


Top


  



All pages and images Copyright (C)JDR CLUB